アイブロウ(眉)

美しい眉への5つのステップ

美しい眉を維持する方法をTweezermanの美容専門家がお教え致します。

 

Step 1 : 基になる眉毛の形を整える(トリミング)

ブロウシェイピングブラシを使用して眉の形を決め、眉毛を上向きにブラシングし整えます。次にアイブロウシザーで、両方の眉毛のバランスがとれているかを確認しながら長い眉毛を切りそろえます。短く切りすぎると眉毛が極端に薄く見えてしまいますので、切りすぎないように注意してください。

Step 2 : 眉毛を抜く(ツイーズ)

蒸しタオルやスチームを当てて毛穴を広げます。スラントツイーザー 

を使用し、自然なアーチ型になるように眉毛を抜きます。この際、眉毛が途中で切れてしまわないように、毛根から一本づつ毛をつかみ、毛流れに沿って優しく眉毛を引っ張ります。基本となる形が整ったら、両眉の間の毛を抜き、

ポイントツイーザー を用いて産毛や短い毛を抜きます。拡大鏡(10倍)の マグニファイングミラーを一緒にご使用いただくと、目では見えにくい細い産毛の状態で抜いていただけます。

Step 3 : 輪郭を整える


パウダーまたはペンシルで短い線を引きながら眉毛のまばらな部分を埋めます。ブロウシェイピングブラシを一緒にご使用ください。

ソフトで自然な眉毛には、ブロウシェイピングブラシとパウダーで仕上げて下さい。

よりはっきりとした力強いアーチ型の眉毛には、ブロウシェイピングブラシとペンシルをご利用ください。

 

Step 4 : スージング

アイブロウマニキュアなどで眉毛をブラッシングすると、1日中整った眉を保てます。 

 

Step 5 : 眉の形作り

眉の形は、眉骨の自然なラインに沿って作ります。黒目の外側の位置で最も高くなるようなアーチを描くようにします。眉の先端位置を決める際は、ペンシルを小鼻の横からまっすぐ立てた場所を起点とし、目の目尻から眉骨に向けてまっすぐにペンシルを当てた位置を終点とします。眉は、目の端を少し超えるくらいの長さにし、そこからわずかに下方向に向けたアーチを描くようにします。

 


美しい眉作りのポイント

・眉毛を抜くときは、眉の自然な形とアーチに沿って抜くようにして下さい。アーチを作る際、眉頭を顔の中心に近づけすぎると、かぎ爪状の眉毛になってしまいます。アーチを強調する場合は、眉の内側から3分目くらいの場所が最も高くなるようにします。

・眉を濃くする場合は、アイブロウペンシルやパウダーで短い線を引き、ブロウシェイピングブラシでブラッシングします。

・毛穴に必要以上の負担をかけないよう、拡大鏡を用いて、眉の上下と両眉の間に生えている余分な眉毛を、産毛の時に抜いて下さい。

・眉毛を抜く際は、必ず定期的に鏡を遠ざけ、眉毛のバランスを確認してください。一方の眉毛から23本毛を抜いたら、他方の眉毛から同じように毛を抜き、両眉が対称となるようにしてください。抜きすぎるよりも、残しすぎる方が良いことを覚えておいてください。

 

注意する点

毛流れに沿って毛を抜いてください。

毛を抜く前に眉毛をトリミングしてください。眉毛をトリミングすると、自然な眉の形を強調することができます。

・蒸しタオルやスチームを当てて毛穴を広げ、毛穴に負担をかけず抜くようにしてください。

・始めにメイク用のコンシーラーを使用して希望の眉型を作り、ラインからはみ出た眉毛を抜いてください。

クリームや保湿液を毛を抜く前に使用しないでください。ツイーザーが滑ってしまいます。

・鼻毛やホクロから生えている毛は抜かないでください。

 

毛抜きのコツ

・毛抜き用ピンセットの先端を優しく広げることにより、バネ張力を高めることができますが、張力がいったん高められると、それを減少させることはできません。毛抜きを落とさないように気を付けてください。先端を傷つけ、不均一になる原因となってしまいます。

・アメリカStyle beauty」誌編集者の秘技:毛を抜く際、痛みを鈍らせることができるように毛抜き用ピンセットを冷蔵庫に保管します。(毛抜きが完全に乾いていることを確認してください。痛みの感じ方には個人差がございます。)

毛抜き用ピンセット使用後は消毒剤で先端を拭き取り、常に清潔に保ち、保護キャップをかぶせてください。

・ 毛抜き用ピンセットは、乾いた状態に保ってください。ステンレススチール製であっても、湿った状態に保っていると腐敗してしまいます。

先端を傷つけ均一性を損なってしまう原因となりますので、毛抜きを落とさないように気を付けてください。